ちょっと待って! 遺品整理は自分でやらないほうがいい?

遺品整理をいざ自分がやることになると、ほとんどの人はどうすれば良いかわからず、困ってしまうと聞きます。人生の中で遺品整理をする機会はなかなかないのが普通です。遺品には生活用品や家具や電化製品、財産となる高価なものまで、さまざまな種類のものがあるので大変な作業です。

特に初めて遺品整理をする場合は、より一層勝手がわからず、中にはトラブルに発展する例もあると聞きます。今回は遺品整理を開始するのに適切な時期や遺品の仕分け方、遺品の処分方法を説明していきます

遺品整理とは

遺品とは、故人の身の回りのものや日常的に使っていたもの、家族のために残した遺産など、その人にゆかりのある全てのものを指します。
遺品整理とは、親族や身内が亡くなったとき、その人が生前に使っていたものを整理することです。
思い出や記憶の架け橋となる大切な遺品の整理は、じっくりと時間をかけて行いたいもの。けれども、故人が賃貸マンションやアパートを借りていた場合はすみやかに部屋を明け渡す必要があるので遺品整理は早い段階で始めなければなりません。

遺品整理の時期について

遺品整理を始めるタイミングは人それぞれで良いのです。数年後でもいいですし、諸事情により早急に片づけなければならない場合は、法要後すぐに行ってもいいのです。葬儀後間もないうちに遺品整理をしてしまうと故人に申し訳ないと思っている人も多いようですが、それは違います。納得のいくタイミングで遺品整理を行い、気持ちの区切りをつけることが大切です。しかし一つ注意点があります。親族の了承を得ずに遺品整理を勝手に行ってしまうとトラブルの元になります。

期限がある場合

故人が賃貸住宅に1人で住んでいた場合は、物件を明け渡す必要があるため、遺品整理をそれまでに終える必要があります。 亡くなったあとの月末か翌月末までに遺品整理を完了させている人が多いです。ちなみに死後四十九日の間は故人の魂がこの世を彷徨っているといわれているので、四十九日の法要が済んだ後に遺品整理を行うという方も割と多くいます。

自分で遺品整理を行う場合

遺品整理中は思わぬものを踏んだりして怪我をする危険がありますので、絶対に遺品整理に適した服装で行いましょう。また、資材は多めに用意しておきましょう。思い出の品の仕分け方ですが、迷ったら処分しましょう。故人のものを次々捨てていくのは勇気のいることです。しかし、あれもこれもと取っておくと遺品整理の意味がありません。思い出の品は、必要な親族に分配できる分だけ残せば十分でしょう。

遺品整理で使う最低限の資材・道具

  • 段ボール
  • カッター
  • ガムテープ
  • ゴミ袋
  • ペンチ、ドライバーなど工具
  • 台車
  • 軽トラなど運搬用の車

処分するときの注意点

何もかもゴミ袋に入れて処分できればこれほど簡単なことはありません。しかし、ゴミはリサイクルできるものはリサイクルに回すなど、種類によって処分方法も連絡方法も違ったりします。ゴミごとに処分日を別々に指定される場合もあり、こうなると効率的に作業はできません。自分でゴミ処分場に持ち込むのもおすすめですが、自治体によっては受け入れを許可していない場合もあります。(リサイクル家電の場合はメーカーや購入店へ、金庫や消火器は専門の事 事業者に引き取ってもらう)持ち込み前に必ず確認しましょう。

遺品整理をプロに依頼する場合

プロに依頼すると面倒なことはすべて一手に引き受けてくれます。

まず作業前に部屋の広さや間取り、作業時間や捜索品の有無、などのヒアリングがあります。そのあと、自宅に事業者が訪問、遺品整理を行います。多くの事業者が簡易清掃と不用品の運び出しまで行ってくれます。オプションですがハウスクリーニングまで行ってくれる事業者もあります。

まとめ

プロの遺品整理の所要時間は短く、ワンルームの場合で約2~3時間、2LDK以上になると6~8時間が平均です。もちろん遺品の量により違いはありますが、片付けお助け隊などの事業者はリーズナブルな料金でお願いできます。まずはお電話などでご相談してみましょう。

 

関連記事

  1. そんなまさか… 遺品整理によくあるトラブル

  2. 遺品整理の現場から孤独死について

  3. ペットの遺品整理はどうする?